- 髭が脱毛クリームで薄くなる?塗るだけでOKの除毛クリームランキング

TOP

脱毛クリームで本当に毛がなくなるのか?


当サイトでは脱毛クリームについてやその効果的な方法などを紹介します。
その他にもオススメできる商品など紹介したいと思います。

 

脱毛クリームには2種類あります。

カミソリで毎日髭を剃るのが面倒だと思う方も多いと思います。
毛を剃っても翌日になると太くなってきた気がして剃るのをやめて脱毛クリームを使ってみようと考えてみたものを分からないことが多すぎて不安にはなりませんか?
そもそも脱毛とは、毛根ごと毛が抜けることを指しますが、日ごろ使っている商品名の脱毛クリームは毛を毛根ごと抜く作用がない商品だという事が分かりました。

 

・除毛クリーム

1番多いのは除毛クリームと呼んでいる場合です。
脱毛クリームを除毛クリームと呼んでいるこのクリームの特徴はたんぱく質を溶かす作用があるアルカリ性のクリームを肌に塗ることで生えている毛を溶かし除毛します。
子の除毛クリームはあくまで表面に出ている毛のみを溶かしているので毛穴に入り込んで毛根自体を溶かしているわけではありません。
なので永久脱毛といった効果はありません。

 

・抑毛クリーム

抑毛クリームとは、塗った部分から徐々に毛を弱らせる成分を持ったパイナップルや豆乳などが浸透して毛を細くして目立たなくするクリームです。
また、今では呼び方も抑毛クリームよりも陽区もローションと言われています。
除毛クリームのような即効性はありませんが、最低でも3週間以上は使い続けないと効果は表れにくいです。
また、個人差や商品によって違いがありますのでご注意ください。

 

上の2種類を見てみるとどちらも基本的には毛根ごと抜けるわけではないみたいですね。
また、どちらもクリームが毛穴に少々入ったとしても毛根まで届きません。

 

脱毛クリームの仕組み

一般的に脱毛クリームなどは身体に使用するものです。
脱毛クリームには「アルカリ剤」という成分が含まれています。私たちの身体に生えている毛は「ケラチン」というタンパク質で出来ているため、脱毛クリームに含まれる成分がそのタンパク質溶かすことで脱毛できる仕組みになっています。
この脱毛クリームの成分がたんぱく質を溶かすという事は、私たちの肌にも負担を与えることになります。
皮膚も同じくタンパク質で出来ているため一緒に溶かしてしまうのです。

なので肌が弱い人や敏感肌の人に脱毛クリームを使うと真っ赤になったり、ヒリヒリして痛くなるというトラブルがあります。
また、赤みや痛みが出ない人でも少なくとも肌に負担を与えているという事を知っておいてください。

 

塗り方によって脱毛クリームでも脱毛が出来る場合もありますので説明したいと思います。

 

脱毛クリームの顔の塗り方

・塗る量

髭が隠れるくらい塗っていく

 

・塗った後の待ち時間

塗った後の待ち時間は取扱説明書には「約5分~10分」とありますが、これは毛のタイプによります。
剛毛な方の場合は15分くらい待った方が良いと思います。

 

・紙以外で擦ると効果が出るのか?

持ち時間が経ったら、いよいよ拭き取る作業に入るのですが、紙以外にも使ったら落とせるのではないのか?試しにいろいろなもので擦ってみました結果、やはりティッシュで擦るのが一番だと分かりました。

 

・実際にやってみて効果があったのか?

髭がなくなりツルツル感を得られました。
仕上げに電気シェーバーちょっと処理をするだけでツルツル感を出すことが実現できるので満足できるかと思います。

 

安全に脱毛するための注意点

はっきり言いますと肌に負担は掛かりますし、いくつかデメリットも存在します。
しかし、副作用のようなリスクなどはありません。

・事前のパッチテストが必要か?

髭全体に脱毛クリームを塗る前に一部に試してみるのが安心だと思います。

・匂いなどは残るのか?

塗る時は床屋さんに漂うパーマ液のような匂いがしますが、脱毛した後は匂いが残ることがありませんので心配ありません。

・痛みはあるのか?

脱毛した後にヒリヒリした感じの傷みがきます。
そして15分くらいは赤くなるので、お出かけ前に脱毛クリームを使うのはやめておきましょう。

 

また、脱毛クリームは髭を剃ってから脱毛クリームを使う必要がありません。
髭へのダメージが全くない状態で脱毛クリームを使用しましょう。